産後のフケの原因がわかったところで改善方法をご紹介していきます。

ビタミンB2、ビタミンE、鉄を摂取する

産後のフケを改善する栄養素と、それをいっぱい含む食べ物をご紹介します。日々の食事に意欲的に取り入れてください。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は脂質をエネルギーに変更する働きがあります。脂質は酵素のはたらきにより消化・分解されてエネルギーに変えられますが、ビタミンB2はその働きを手伝う効果を発揮してくれます。

このおかげでビタミンB2を摂取すると脂質の新陳代謝がうまくいくようになり、頭皮のベタつきを防御できます。
ビタミンB2をいっぱい含む食べ物は次の通りです。

レバー
うなぎ

牛乳

ホルモンバランスを改善する為に必要な栄養素はビタミンEです。
ビタミンEは豊富なホルモンを分泌する脳下垂体にはたらきかけて、女性ホルモンの分泌を促す役に立ちます。
さらに、ビタミンEには血管収縮を促進する物質が出来上がるのを抑えて毛細血管を拡張する役目があります。
その役目によって頭皮の血流が改善すると、細胞のターンオーバーが高まるため、頭皮の健康状態を維持できます。

ビタミンEをたくさん含む食事は次の通りです。

 

ピーナッツ
アーモンド
ほうれん草
ブロッコリー
大豆油

 

産後に怒りっぽく変化したり、不安を感じやすくなったりする要素の一つは鉄不足です。
鉄は心を安定させるセロトニンや、気力を増進させるノルアドレナリンなどの物質を作る時に絶対必要な栄養です。
なので、足りなければ情緒がバラバラになりがちです。

をたくさん持つ食べ物は次の通りです。

 

レバー
カツオ
小松菜
大豆
納豆
睡眠

 

睡眠不足はホルモンバランスの狂いやストレスと化すため、クオリティが高い睡眠をとることが大事です。

クオリティが高い睡眠をとるポイントは体温を落とすことです。昼間は快眠しづらいと感じ取れたことありませんか。それは夜間とは異なり日中は体温が高いからです。

体温の低い時間帯には寝入りやすく、体温が高い時間帯には寝入りにくいものです。つまり就寝前に体温を下げれば、眠りに入りやすくなります。

それから、体を奮い立たせる交感神経が強くなっていると眠りに入りにくくなるため、体を癒やし環境にする副交感神経を強くさせることも睡眠の品質を強めるキーポイントです。

 

入浴で体温を高める

眠りに就く前に体温を落とす簡単な方法が入浴です。眠る60~90分前に浸かって少しの間だけ体温を高めると、眠る頃には入浴前よりも体温がダウンするため、眠りに入りやすくなります。

しかしながら、シャワーを浴びるだけでは体の表面の温度しか上昇しません。お風呂に入る入浴で体を温めましょう。
産後1か月までは子宮内膜がきちんと快復しておらず入浴は出来ないで、そういった時は足湯を行なってましょう。足湯でも睡眠の品質は改良できます。

 

産褥(さんじょく)体操で体温を上げる

産褥体操は妊娠により変わった体のリカバリーを促進することを狙った体操です。

この体操を睡眠前にすれば体温の上昇により、睡眠の質の改善効果が見られるにつれて、子宮や骨盤底筋の回復を促すことができます。

始めは軽い運動からスタートして、体の具合を見ながら少しずつ運動の強さを高めましょう。
産後1~2日はやさしい呼吸法や足の運動などのお手軽な運動からスタートしてみてください。

 

家庭内のイライラを少なくする

夫、子供、そしてあなたに対する対応を少しチェンジするだけでイラッとする回数を減少させることができます。

家事に完璧を要求しない

炊事、洗濯、料理などこれまでできていたことが、産後だとスムーズにできなくなるかもしれません。それを「私はダメな母親だ」と悪いことに考えるとストレスは蓄積していくので、「赤ちゃんとたっぷりと向き合えた」「洗濯は出来なかったけど料理は作れた」など有益に考えることが重要です。

このように考え方をちょっと切りかえるだけでも気持ちは静まります。

この認識は夫に対しても当てはまります。

 

夫が家事や育児をうまくいかないからといってその度イラっとくるとストレスは蓄積できるので、「5~6割できていれば満足」と考え方をチェンジしてみましょう。

 

 

夫をべた褒めする

夫を家事に率先してするには絶賛するのが効果を発揮します。

ウェブ上でなされたある調査では妻に批判された夫の多くの場合は、家事に対する意気込みが悪くなることがわかっています。

批判の内容としては「洗濯物を畳んだが下手と言われた」「皿洗いをしたが準備が良くないと言われた」などがあり、妻にとってはちょっとした一言のつもりが夫には思っている以上のストレスがかかっています。

 

その一方「朝食を作ったときにありがとうと言われた」「お風呂を掃除したらいい感じで入れたと言われた」など、感謝の言葉を伝えられた夫は家事に対する意気込みが上昇したことがわかっています。

 

アミノ酸系シャンプーを利用する

高級アルコール系や石鹸系などの洗浄力が強力シャンプーを利用すると、皮脂の過剰分泌がもたらされるため、フケの悪化を引き起こします。

その為にも洗浄力のやさしいアミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

 

出産後にフケで悩まれる方も多いようです。

いままでそんなことなかったのになぜ?

そんなお悩みの原因を調べてみました。

女性ホルモンの低下

産後にフケが増える背景にあるのは女性ホルモンであるエストロゲンの低下です。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があって、その中でもエストロゲンは女性らしい体を作る上で大切な働きがあります。

エストロゲンのメインの役割は次の通りです。

 

皮脂の分泌を抑制する
髪や肌にうるおいを持たせる
女性特有の丸みを保持した体を作る
排卵や月経を引き起こす
肌の調子に影響するエストロゲン

 

生理前に肌の調子が向上する原因はエストロゲンが多く生み出されるからです。

エストロゲンの作用により肌のうるおいがキープされ、さらに皮脂の必要以上の分泌が抑えられるため肌荒れが発生しにくい健康な状態になります。

逆に生理中に肌が荒れやすい背景にあるのはエストロゲンの分泌が悪くなって、皮脂の分泌を促す働きがあるプロゲステロンの分泌が増殖するからです。
皮脂の分泌が上昇し、毛穴の中に皮脂がキープされると菌が繁殖しやすい環境になります。

菌が増大すると炎症を発足させて、毛穴の中に膿(うみ)が留まりにきびとなります。

フケがもたらされる原因も、ニキビと同じ様に皮脂の分泌が関係しております。
皮脂の分泌量が増えると、頭皮でマラセチア菌というカビの一つが増殖します。

マラセチア菌は皮脂を遊離脂肪酸という、頭皮を刺激してるものに分解します。
その物質により頭皮が刺激を食らうと、フケがたくさん出るようになります。

産後のエストロゲンの分泌量は多くの場合ゼロ

エストロゲンは胎児を育てるはたらきがあるため、妊娠から出産の間がかけて分泌量はかなり増加します。

その量は妊娠前の10~100倍ほどです。しかし産後はまるで0に近い状態までエストロゲンの分泌量は低減するため、産後は皮脂の分泌量が高まってフケが発症しやすくなります。

夫婦間や育児面のストレス

産後はイライラしやすくなりますが、そのストレスもフケを増やす引き金になります。
ストレスが出てきて交感神経が優勢になると男性ホルモンの分泌が活性化されます。

 

男性ホルモンと皮脂の分泌の促進には関連があるため、カッカする時間が増すと皮脂がむやみに分泌され、フケが多く出るようになります。
「夫が家事をサポートしてくれない」「夫の家事に気が済まない」「育児に慣れず考え込むばかり」などの都合でイラつきし始めると、ストレスはより一層たまります。

洗浄力の激しいシャンプーの使用

皮脂には、頭皮のうるおいを保つ、紫外線や菌などの刺激から守るなど重要な役割がありますが、洗浄力が強いシャンプーを使用すると必要以上に洗い流されます。

すると皮脂は頭皮を守ろうとして過剰に分泌されるようになり、フケが多く出るようになります。

 

洗浄力が強いシャンプーの種類

シャンプーの洗浄力は洗浄主成分次第で大きく異なります。シャンプーの洗浄主成分の種類はメインに高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類です。

市場に出回っている大量のシャンプーは高級アルコール系が扱われています。

高級アルコール系シャンプーには原料が安価であるため価格も値ごろ、泡立ちが申し分ないなどの特徴がありますが、洗浄力が極めて強く、皮脂をむやみに落とします。
石鹸系は天然の洗浄主成分で肌にダメージを与えないイメージがありますが、本当のことを言うと高級アルコール系と一緒くらいに洗浄力が強く、皮脂をむやみに落とします。

要するに高級アルコール系と石鹸系のシャンプーは皮脂をむやみに落とすため、かえって皮脂の過剰分泌を招き、フケのきっかけとなります。

アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3種類のうち洗浄力がソフトのはアミノ酸系のみですから、出産後にフケに困っている場合はアミノ酸系のシャンプーをセレクトしてほしいです。

フケを予防する最良の方法は頭皮の健康をキープすることです。

特に常々の食べ物やシャンプー、紫外線予防や睡眠、頭皮ケアなどの日常生活に意識しましょう。

 

食生活を見直す

頭皮の健康をキープするには食事から欠かせない栄養素を体に取り入れることが最も大事です。

とりわけ皮膚の健康をキープするにはビタミンAやビタミンB群などが絶対必要ですし、紫外線や乾燥から頭皮を防御するにはビタミンEやビタミンCのはたらきが必要不可欠です。

それのみならず多くの栄養素を多種多様に摂る必要がありますが、ビタミン類はとくに不足しがちな栄養素なので、積極的に摂ることを心がけましょう。

頭皮を健康にするには規則正しい食生活を送ることが一番だと思いますが、日頃の食生活を入れ替えするのは簡単ではありません。

偏りがちな食生活に思い当たる節のある人は、栄養補助サプリの実用も推奨いたします。

 

シャンプーを改める

フケを効果的に止めるには、毎日のシャンプーも見つめなおなくてはなりません。

頭皮を清潔なようにするために毎日実施するシャンプーですが、1日あたり何回も洗うと皮脂を落としすぎて頭皮を乾かす要因になります。
シャンプーは1日に1回で十分です。フケが気に掛かるからといってさかんにシャンプーをするのは逆の効果になってしまいます。

また、皮脂は昼間に多く生成されるので、朝よりも夜の方が頭を洗うのにマッチしています。
朝と夜の両者に入浴するという人は、夜のみシャンプー剤を使用し、朝はお湯だけで洗いましょう。

シャンプーの回数だけでなく、ご自分のシャンプーの洗う力がふさわしくないと頭皮の皮脂量調整が困難でなりトラブルに発展しやすいので、シャンプーの再チェック、買い替えを要することもあります。

 

紫外線をケアをする

太陽に含まれる紫外線は皮膚を退化させますから、頭皮の健康をキープするためには紫外線への対策も大事です。

頭皮は太陽光が一番当たりやすいポイントです。なので、頭皮は日光に当たると紫外線の影響を受け易いわけです。

紫外線のダメージによって頭皮のターンオーバーにマイナスに作用が発生すると、フケの増加がもたらされることがあります。

外出などでかなりの時間日光に当たるケースでは、日傘、帽子やUVカットスプレーなどで正しく紫外線対策法をした方が良いでしょう。

 

充分な睡眠をとる

睡眠をとることで体は新陳代謝のテンポを整えたり、日中に浴びたダメージを復旧したりします。

睡眠は頭皮の健康をキープするためにも極めて大事です。質のよい睡眠をとることで、フケの直接の原因でもある新陳代謝の乱調を正しく調整し直すことができます。

質の高い睡眠をとるためには、寝る前の運動や勉強を避けて、リラックスした状態で床につくよう心がけてください。

さらに、風呂につかって入浴したりストレッチ体操したりすると、体がほぐれてリフレッシュするので寝つきがアップします。

自分なりに創意工夫して、寝る前に心と身体を落ち着けるライフスタイルにすることが必要です。

 

頭皮の血行をキープする

頭皮の血行を促進するには、軽い運動をしたり両手で頭皮をマッサージしたりするのが効果が期待できます。

運動するとふだんよりも血液の流れがスピーディになり、止まりがちな頭皮の血の流れを良くします。

どういうことかと言うと軽めのランニングやサイクリングといった、きつすぎず何日間も継続できる運動がマッチしています。
また運動をするスタイルが身に付くと基礎代謝能力が上昇して、ふだんの血行自体が向上します。

一方、頭皮をマッサージするライフスタイルにすることでも頭皮の血行は改善されます。
ずっとマッサージすることで頭皮がソフトくなり、頭皮の端々まで血液の流れが自然に広がるようになるからです。

ただし頭皮に血液を届ける血管はとても細くて繊細なので、強すぎる力が加わると破ける恐れがあります。

マッサージのやり方をミスすると、逆に頭皮の血行を悪くする恐れがあるので気をつける必要があります。
マッサージは指の腹を当て、頭皮を動かすようにちっちゃい円を描いてつつも全体的に揉みほぐしましょう。強いパワーを込めることは不必要です。

 

ほかにも効果的な頭皮マッサージとして、肌にダメージを与えないベビーオイルを用いる方法がピッタリです。
ベビーオイルは低刺激でもあって、肌荒れやかゆみの改善、潤いの効果があるオイルなので、頭皮との組み合わせが良いからです。

フケがひどいケースでは対処法もより考えないといけません。ではご紹介していきます。

皮脂を適正量に保持する

皮脂を適正量に維持するのは頭皮のトラブルを回避するための重要だと断言できます。

皮脂分泌が多く、皮脂まみれになり易い人は正しいシャンプーで要らない皮脂を取り除いて清潔な状況を保つことで、頭皮トラブルの改善や予防ができます。

かえって皮脂の分泌が不足していて頭皮が乾燥しやすい人は、シャンプーの洗浄する力や洗い方に気を配って皮脂を落としすぎないように(適度に皮脂が残るように)しなければなりません。

乾燥がひどい場合は保湿ケアの必要もあります。自分の頭皮の性質を把握して皮脂の量を適切に保ちましょう。

 

低刺激の薬用シャンプーで雑菌繁殖を軽減

一定の薬用シャンプーには頭皮の雑菌の繁殖を抑制する成分が入っています。

フケの種類に関係無しで雑菌による刺激が原因になるケースだと、薬用シャンプーで雑菌の働きを抑える方法が役目を果します。

また新陳代謝が大幅に異常だと、頭皮が刺激に対し敏感になっているかもなので、頭皮が悪化している人は低刺激のものをチョイスしてほしいです。

 

シャンプー後の頭皮美容液でのケアもフケには効果的ですよ♪

おすすめの美容液の紹介紹介記事はこちら⇒すこやか地肌美容液口コミ|シャンプー変えてもフケに効かない方必見

 

皮膚科にお世話になる

脂漏性皮膚炎や酷いアトピー性皮膚炎などの重い頭皮トラブルとともにフケが出ているケースでは、皮膚科においてこれらの症状を治療することが大切です。

専門医の指図されるとおりに、ステロイド外用薬や抗真菌薬などで頭皮の様子を取り戻させた上で、フケの対策や予防に試しましょう。

 

皮膚科の治療法

乾性フケの方のケースでは、原因は「頭皮の乾燥」とわかりきっていますので、その対応策…つまり「保湿」を促進するような薬を処方してもらう事がほとんどです。

乾燥のせいでかゆい場合は、レスタミンコーワ・オイラックスなどこういったかゆみ止めが処方して貰うだろうと考えます。

脂性フケは、常在菌が増加してすぎることによって生じます。

それに伴って、菌の繁殖を食い止める薬である「抗真菌剤」を処方されることがよくありますね。

抗真菌剤として知名度の高いのは「ニゾラール」で、ジェネリックである「ニトラゼン」が処方されるのじゃないでしょうか。

フケが気に掛かるからといって一日のうちに何回もシャンプーをしたり、洗浄力の高いシャンプーに変更したりするのは難問です

フケの原因によっては、シャンプーの影響でますますフケが増殖する懸念材料になっているからです。

良かれとして実行したフケ対策がむしろ逆効果にならないように、的確な知識がマストです。
ここでフケの特徴や原因についてご紹介します。

フケの正体とは

髪や服につくフケは、汚れではなく頭皮の表面から剥がれ落ちた垢と考えられます。

皮膚の内側ではずっと新しい細胞が形成されており、不要な細胞が押し出されて新しいやつに変化することで最適な状態が保たれます。

古びた皮膚の表面が剥がれ落ちて、これまでなかった皮膚が押し上げられるまでの動きを新陳代謝といい、これが正しく展開されている限りは皮膚の表面では古い皮膚がフケと化して剥がれ落ちます。

すなわちフケが出ることそのものは体の仕組みで必ず起こるものですし、ごく普通ことです。

とは言っても、フケがふだんより明らかに量が増した、といったケースは気を付けなければいけません。

フケの量は新陳代謝のローテーションから常にある程度のに保たれていますが、そのバランスを失うと炎症やかゆみなど多くの頭皮トラブルがもたらされる危険もあると思います。

 

フケの原因とは?

詳しいフケ対策を開始する前に、どういった原因でフケが増えているのかを正しく知ることが不可欠です。

フケは2種類に大別できます。2種類のフケの各々について手短に解説しましょう。

フケには乾性フケと脂性フケの2種類がある

パラパラとした白い粉のようなフケを「乾性フケ」と呼び、べたべたと油っぽく、乾性フケとは異なり少し黄色みがかった見た目のものは「脂性フケ」と呼んでいます。

乾性フケは衣服の肩などに下落しやすいのですが、脂性フケは頭皮や髪にこびりつきやすく、頭皮を掻いた際に爪の間にたまるのが特徴となります。

 

乾性フケが出る原因とは

 

乾性フケが出る一番の原因は頭皮の乾燥です。

頭皮がカサカサになる理由はいくつか考えられますが、空気の乾燥や間違えたヘアケア、生まれ持った問題が主に影響しています。
ふだんは心配無用の人でも、冬場などの水気が無くなった季節だけフケが際立つことがあります。

 

脂性フケが出る原因とは

脂性肌フケが出る大きな原因は必要以上の皮脂の分泌です。

皮脂が多く出る理由としては、頭皮が汚い状態であることや、黴菌の活動が異様であること、成長期や皮脂をたくさん分泌する体質であることが想定されます。

また乾性フケと一緒で頭皮の乾燥が本質的な原因となっているケースもあるので、原因を適正に見分けることが不可欠です。

 

 

原因によってフケの対処法は違ってくる

フケの種類ごとにざっくりした原因を説明しましたが、フケのタイプが異なってくるからといって原因が違うとは断定できません。

もし脂性フケは皮脂の出すぎが引き起こすのであれば頭皮の乾燥とは無関係と考えられることが多いですが、実際は理由がつながっています。

頭皮は皮脂が足りなくなったときに乾燥しがちですが、頭皮の皮脂不足になってしまうと体がそれを補足しようとしていつもより多くの皮脂を分泌します。

こうして分泌された皮脂の理由で皮脂が余ったように変わり、脂性フケが出る、といった場合もあります。

言ってみれば、頭皮の皮脂不足が原因でカラカラになって乾性フケが出ることもあれば、皮脂不足の理由で皮脂が過剰分泌され、脂性フケが出現するということもあります。

その為乾性フケと脂性フケの原因が全く違うとは一言で決定できません。

フケの種類を理解するだけでは対策に決定する決定要素に欠けるので、種類を見定めた上で本質的な原因を見定めるという姿勢が必須です。