ひどいフケへの対処法

フケがひどいケースでは対処法もより考えないといけません。ではご紹介していきます。

皮脂を適正量に保持する

皮脂を適正量に維持するのは頭皮のトラブルを回避するための重要だと断言できます。

皮脂分泌が多く、皮脂まみれになり易い人は正しいシャンプーで要らない皮脂を取り除いて清潔な状況を保つことで、頭皮トラブルの改善や予防ができます。

かえって皮脂の分泌が不足していて頭皮が乾燥しやすい人は、シャンプーの洗浄する力や洗い方に気を配って皮脂を落としすぎないように(適度に皮脂が残るように)しなければなりません。

乾燥がひどい場合は保湿ケアの必要もあります。自分の頭皮の性質を把握して皮脂の量を適切に保ちましょう。

 

低刺激の薬用シャンプーで雑菌繁殖を軽減

一定の薬用シャンプーには頭皮の雑菌の繁殖を抑制する成分が入っています。

フケの種類に関係無しで雑菌による刺激が原因になるケースだと、薬用シャンプーで雑菌の働きを抑える方法が役目を果します。

また新陳代謝が大幅に異常だと、頭皮が刺激に対し敏感になっているかもなので、頭皮が悪化している人は低刺激のものをチョイスしてほしいです。

 

シャンプー後の頭皮美容液でのケアもフケには効果的ですよ♪

おすすめの美容液の紹介紹介記事はこちら⇒すこやか地肌美容液口コミ|シャンプー変えてもフケに効かない方必見

 

皮膚科にお世話になる

脂漏性皮膚炎や酷いアトピー性皮膚炎などの重い頭皮トラブルとともにフケが出ているケースでは、皮膚科においてこれらの症状を治療することが大切です。

専門医の指図されるとおりに、ステロイド外用薬や抗真菌薬などで頭皮の様子を取り戻させた上で、フケの対策や予防に試しましょう。

 

皮膚科の治療法

乾性フケの方のケースでは、原因は「頭皮の乾燥」とわかりきっていますので、その対応策…つまり「保湿」を促進するような薬を処方してもらう事がほとんどです。

乾燥のせいでかゆい場合は、レスタミンコーワ・オイラックスなどこういったかゆみ止めが処方して貰うだろうと考えます。

脂性フケは、常在菌が増加してすぎることによって生じます。

それに伴って、菌の繁殖を食い止める薬である「抗真菌剤」を処方されることがよくありますね。

抗真菌剤として知名度の高いのは「ニゾラール」で、ジェネリックである「ニトラゼン」が処方されるのじゃないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です