産後のフケを改善する方法

産後のフケの原因がわかったところで改善方法をご紹介していきます。

ビタミンB2、ビタミンE、鉄を摂取する

産後のフケを改善する栄養素と、それをいっぱい含む食べ物をご紹介します。日々の食事に意欲的に取り入れてください。

 

ビタミンB2

ビタミンB2は脂質をエネルギーに変更する働きがあります。脂質は酵素のはたらきにより消化・分解されてエネルギーに変えられますが、ビタミンB2はその働きを手伝う効果を発揮してくれます。

このおかげでビタミンB2を摂取すると脂質の新陳代謝がうまくいくようになり、頭皮のベタつきを防御できます。
ビタミンB2をいっぱい含む食べ物は次の通りです。

レバー
うなぎ

牛乳

ホルモンバランスを改善する為に必要な栄養素はビタミンEです。
ビタミンEは豊富なホルモンを分泌する脳下垂体にはたらきかけて、女性ホルモンの分泌を促す役に立ちます。
さらに、ビタミンEには血管収縮を促進する物質が出来上がるのを抑えて毛細血管を拡張する役目があります。
その役目によって頭皮の血流が改善すると、細胞のターンオーバーが高まるため、頭皮の健康状態を維持できます。

ビタミンEをたくさん含む食事は次の通りです。

 

ピーナッツ
アーモンド
ほうれん草
ブロッコリー
大豆油

 

産後に怒りっぽく変化したり、不安を感じやすくなったりする要素の一つは鉄不足です。
鉄は心を安定させるセロトニンや、気力を増進させるノルアドレナリンなどの物質を作る時に絶対必要な栄養です。
なので、足りなければ情緒がバラバラになりがちです。

をたくさん持つ食べ物は次の通りです。

 

レバー
カツオ
小松菜
大豆
納豆
睡眠

 

睡眠不足はホルモンバランスの狂いやストレスと化すため、クオリティが高い睡眠をとることが大事です。

クオリティが高い睡眠をとるポイントは体温を落とすことです。昼間は快眠しづらいと感じ取れたことありませんか。それは夜間とは異なり日中は体温が高いからです。

体温の低い時間帯には寝入りやすく、体温が高い時間帯には寝入りにくいものです。つまり就寝前に体温を下げれば、眠りに入りやすくなります。

それから、体を奮い立たせる交感神経が強くなっていると眠りに入りにくくなるため、体を癒やし環境にする副交感神経を強くさせることも睡眠の品質を強めるキーポイントです。

 

入浴で体温を高める

眠りに就く前に体温を落とす簡単な方法が入浴です。眠る60~90分前に浸かって少しの間だけ体温を高めると、眠る頃には入浴前よりも体温がダウンするため、眠りに入りやすくなります。

しかしながら、シャワーを浴びるだけでは体の表面の温度しか上昇しません。お風呂に入る入浴で体を温めましょう。
産後1か月までは子宮内膜がきちんと快復しておらず入浴は出来ないで、そういった時は足湯を行なってましょう。足湯でも睡眠の品質は改良できます。

 

産褥(さんじょく)体操で体温を上げる

産褥体操は妊娠により変わった体のリカバリーを促進することを狙った体操です。

この体操を睡眠前にすれば体温の上昇により、睡眠の質の改善効果が見られるにつれて、子宮や骨盤底筋の回復を促すことができます。

始めは軽い運動からスタートして、体の具合を見ながら少しずつ運動の強さを高めましょう。
産後1~2日はやさしい呼吸法や足の運動などのお手軽な運動からスタートしてみてください。

 

家庭内のイライラを少なくする

夫、子供、そしてあなたに対する対応を少しチェンジするだけでイラッとする回数を減少させることができます。

家事に完璧を要求しない

炊事、洗濯、料理などこれまでできていたことが、産後だとスムーズにできなくなるかもしれません。それを「私はダメな母親だ」と悪いことに考えるとストレスは蓄積していくので、「赤ちゃんとたっぷりと向き合えた」「洗濯は出来なかったけど料理は作れた」など有益に考えることが重要です。

このように考え方をちょっと切りかえるだけでも気持ちは静まります。

この認識は夫に対しても当てはまります。

 

夫が家事や育児をうまくいかないからといってその度イラっとくるとストレスは蓄積できるので、「5~6割できていれば満足」と考え方をチェンジしてみましょう。

 

 

夫をべた褒めする

夫を家事に率先してするには絶賛するのが効果を発揮します。

ウェブ上でなされたある調査では妻に批判された夫の多くの場合は、家事に対する意気込みが悪くなることがわかっています。

批判の内容としては「洗濯物を畳んだが下手と言われた」「皿洗いをしたが準備が良くないと言われた」などがあり、妻にとってはちょっとした一言のつもりが夫には思っている以上のストレスがかかっています。

 

その一方「朝食を作ったときにありがとうと言われた」「お風呂を掃除したらいい感じで入れたと言われた」など、感謝の言葉を伝えられた夫は家事に対する意気込みが上昇したことがわかっています。

 

アミノ酸系シャンプーを利用する

高級アルコール系や石鹸系などの洗浄力が強力シャンプーを利用すると、皮脂の過剰分泌がもたらされるため、フケの悪化を引き起こします。

その為にも洗浄力のやさしいアミノ酸系シャンプーを使用しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です